A Billion Impact
FROM OKINAWA

BE EXPONENTIAL.

About

沖縄の社会変革のための経営者・専門家集団

沖縄のポテンシャル

自然、食、文化、ホスピタリティ、地域コミュニティ。
沖縄には世界に誇れるものが多数存在します。
私たちは、沖縄の先人たちが守ってきたもの1つ1つを大切に継承していきます。

スタートアップ × テクノロジー

今やスタートアップや企業の新規事業創出について、多くの成功や失敗を元にしたノウハウが共有財産として蓄積・公開されています。様々なフレームワークや方法論を用いると同時に、テクノロジーの活用・開発・導入を支援し、事業創出に伴奏します。

ローカル & グローバル コミュニティ

イノベーションは多様性から。沖縄市一番街商店街(コザ)でのコワーキングスペースStartup Lab Lagoonや米国シンギュラリティ大学沖縄チャプターの運営実績を通じて、県内外起業家・社会起業家、企業、行政、世界のイノベーターの繋ぎ手になり、イノベーションを創出します。

Services

STARTUP PROJECT

ソーシャルインパクトを創出するための自主事業を運営します。
その中での成功事例・優良モデルを積極的にフィードバックします。

PROJECT MANAGEMENT

官民連携による持続性の伴う事業創出を目指したプロジェクト設計、事業推進、コミュニティ形成を行います。

BUSINESS MODEL GENERATION

県内中小企業・スタートアップの経営革新・事業転換を目的に、各社の強みを見つけ、それを元にした新規事業を設計・立ち上げを支援します。

ENTREPRENEURSHIP EDUCATION

沖縄の未来を担う若者が起業家精神を身につけ、自らの人生を切り開く「生きる力」を養うために、自治体や教育委員会と教育事業運営に取組んでいます。

helloworld

まちなか留学HelloWorld

SDGS / まちなか留学

VIEW SERVICE

worldclassroom

World Classroom

SDGS / WORLDCLASSROOM

VIEW SERVICE

Koza International Plaza

SDGS / KIP

VIEW SERVICE

STARTUP LAB LAGOON運営

PROJECT MANAGEMENT

VIEW SERVICE

MEET THE TEAM

野中 光

代表取締役
琉球大学教育学部在学中、アジア8カ国を流学。各国の自然・文化の豊かさや人の温かさに触れる。2016年に琉球ミライ株式会社を起業。県内自治体の教育事業・産業振興のプロジェクトを多数経験。また、地域に住む外国人宅ホームステイ”まちなか留学ハローワールド”を立ち上げる。国際交流サービスを通じて世界平和に貢献したい!

冨田 啓輔(TOMMY)

フェロー/弁護士
慶應義塾大学在学中に自転車とバックパッカーで世界を旅する。大学卒業後、東京で弁護士として働く。その後、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員として過ごすうちに「世界中に1カ国ずつ友達がいることが当たり前の社会」を創りたいと強く決意(詳細はコチラ)。

上里 幸俊

社外取締役
公務員(沖縄市役所)生活を早期退職し新たなステージに向けて活動。沖縄市役所では、財政部門、契約部門、経済文化部門、こども施策部門を歴任。沖縄の子どもの貧困率(全国の約2倍)の解消に向けた取り組みの中でも教育という部分は最重要課題だと感じており、まちなか留学を通して子ども達の自己肯定感の向上に少しでも貢献できればと思っております。

麦倉 祐貴

コーディネーター
栃木県生まれ。地元の高校を卒業後、カリフォルニアの短大に留学。その後、4年制大学に編入。学部では機械工学、修士では原子力工学を専攻。卒業後に一旦地元に帰省するが、ふらり沖縄に移住。ひょんなことからStartup Lab Lagoon KOZAで働き始める。レーザーカッターや3Dプリンタなどのものづくりスペースの担当。また、Lagoonでのオンラインイベント配信をこなす。令和3年度よりコザインターナショナルプラザ(KIP)の所長を務める。

比嘉 麻理萌

コーディネーター
カナダ・フィリピン・コスタリカ・ウルグアイへ語学留学経験あり。ウルグアイでは世界一貧しい大統領として知られるムヒカ元大統領と対談。留学先で知り合った世界中の友人宅を尋ねて旅するうちに、世界中に友人がいると世界はもっと平和になると気付きを得る。身近な国際交流や異文化体験をサポートします!

屋部 辰朗

TECH マネージャー
エンジニアをしているya-buといいます。琉球大学在学中に海外にいくためにお金を溜め、フィリピン、ドイツへ旅行。その際にもっと英語を話して現地の人と交流したい!と思う。現在はエンジニアとして働いてる中、英語を学習中!

日高 春奈

コーディネーター
1995年東京都東村山市生まれ、自由学園で幼少期〜中学まで過ごし高校から愛知県へ移住。その後、琉球大学進学きっかけに沖縄へ。政治・国際関係論を学ぶ。在学中より様々なイベント、コミュニティ運営に携わり、卒業後は地域コーディネーターとして1年勤務。現在は琉球ミライ株式会社に所属し、沖縄市にある創業支援施設 Startup Lab Lagoonでコミュニティマネージャーとして、各種プロジェクトのマネジメントを行う。

平良 亮太

プロジェクトマネージャ
1994年沖縄生まれ、首里育ち。
琉球大学在学中に、教育系ベンチャーのコアメンバーとして、修学旅行事業を中心に、これまでに100校・1万人を越える県内外の学生、生徒同士対話の場を提供。平和・環境・社会課題など、「教科外の学び」をテーマに様々なワークショップの開発やファシリテータを担う。
大学卒業後は、沖縄の人財育成に関わりたいという想いから(株)FROGSにて「琉球frogs」や、地域イノベーションイベント「LEAP DAY」の運営に携わる。
また、自身がゲイであることを公言し、大学在学中から県内の中高大学生向けのLGBTQ研修やワークショップ、教員研修を実施。これまでに20校・3,000人を超える中高大学生・社会人を対象に性の多様性について考える場を提供してきた。また、2017年、18年には活動の様子が沖縄タイムスに掲載・連載、2018年10月~19年3月には沖縄タイムス教育面コラム「たんぽぽのタネ」を執筆するなど、広く活動の幅を広げている。2020年5月より個人事業主として活動を開始。現在は沖縄県内の企業を対象にDEI(ダイバーシティ・イクイティ・インクルージョン)に関する研修講師やアドバイザーも担当。

井口 明

コーディネーター
アルゼンチン生まれアルゼンチン育ちの日系3世。2015年に地元のブエノスアイレス大学を卒業し弁護士に。祖父母が沖縄出身だったことから、3ヶ月間中城村の国際交流の研修に参加し、沖縄文化や日本語を学び、自分のアイデンティティを形成する。帰国後、行政法の修士号を取得し、アルゼンチン政府の交通省で4年ほど働いた後、2021年1月に自分の2つのふるさとであるアルゼンチンと沖縄を結びつけるような活 、2021年1月に自分の2つのふるさとであるアルゼンチンと沖縄を結びつけるような活動をしたいと沖縄へ移住し、琉球ミライへ入社。現在は、外国人の生活支援や教育現場での交際交流の担当を務めている。

金城 百合子(YURIKO ORTIZ)

コーディネーター
1989年ペルー日系ウチナンーチュ3世 7歳から日本に来て、10歳から家族の通訳をして育つ。 17歳で労働組合などと一緒に外国人の通訳を担当。 高校中退、元不良で何の経歴・肩書がない中日本社会で働けないと言われていたが、琉球ミライでは実力とパッションがあればOK! という社風に惹かれ入社。 スペイン語、日本語、ポルトガル語、英語を話すことが出来、現在コザインターナショナルプラザで外国人の生活支援と 南米の魅力を使って元気になれるようなイベント担当、人とのつながりが得意友達MAKER♡ 人は見た目で判断するけど神は心を見る、聖書の言葉を胸に刻み人を愛する気持ちは誰にも負けない! 将来の夢は世界中の貧困の子供達に教育の場・施設を経営して支援すること。 そしてLOVEという言葉の意味を行動で表現できる人間になることが目的!

知念 杏珠

インターン
沖縄生まれ沖縄育ち。琉球大学観光産業科学部在学中。琉球ミライ株式会社インターン生。留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」を活用し、「観光地域づくり」をテーマにアメリカとドイツの旅行会社でインターンシップ。サンフランシスコで同年代の起業家に出会い、ビジネスに興味を持つ。旅行会社所属だったためコロナウイルスの打撃を大きく受け緊急帰国。挑戦する機会を失ってしまった同じ境遇の学生を集めて、2020年に社会課題解決のビジネスアイデアコンテストを琉球大学で開催(Hult Prize琉大の設立)。現在、Hult Prize琉大代表を務め、沖縄の学生に挑戦できる場の提供と、そのコミュニティづくりに取り組んでいる。就職活動や留学で感じたチャンスの差をなくし、住む場所に縛られない世界をつくりたい。起業家とHult Prize琉大を繋げ、沖縄から世界へインパクトを起こしたいと思い、去年から学生の起業を支援している代表野中のもとでインターン中。